最近、家庭でも手軽に本格的なドリップコーヒーを楽しめるようになりました。必要な道具も安く手に入りますし、淹れ方次第で、自分好みの味を追及することもできます。

一口にドリップコーヒーといっても、ペーパードリップ、ネルドリップ、それから形状はペーパードリップと同じ、金属フィルターなどがあります。

ペーパーフィルターは、粉の量の調節や、淹れ方も簡単で、後片付けもフィルターごと捨てるだけと、一番ポピュラーな方法ではないでしょうか。

短所としては、湯の注ぎ方などにより味に違いが出やすいので、慣れるまで安定した味を再現しにくい、というところです。

ドリップコーヒーを検索してみてください。

ネルドリップは柔らかいネル生地のフィルターで淹れる方法で、基本的な淹れ方はペーパードリップと同じですが、ペーパーより目が粗いため、オイル分も抽出され、コーヒー本来の味がより楽しめます。



但し、このネル生地フィルターの手入れが結構面倒くさいのです。


新品のフィルターは、まずコーヒー粉を入れた湯で煮沸し、付着している糊を落とします。

使用前には残った水分はしっかりと切る必要がありますし、使用後は流水で揉み洗いし、成分を取り除いた後、乾燥しないように、清潔な水に浸しすか、軽く水気を切って密閉容器に入れ、それぞれ冷蔵庫で保存します。

乾燥させてしまうと残ったコーヒー成分が酸化し、臭みが出てしまいます。

この手間さえ惜しまなければ、専門店のような、滑らかな味わいのドリップコーヒーが楽しめます。

nanapi情報に精通したサイトです。

金属フィルターは、ペーパードリップと同じですが、オイルを吸収しないため、コーヒーの味がダイレクトに楽しめます。

但し、コーヒーの微粉も落ちてきますので、口当たりに少しざらつきを感じます。

これで好き嫌いが分かれる場合もあります。


ここに書いたのはほんの一例。

ドリップコーヒーは本当に奥が深く、趣味としても長く楽しめます。


興味のある方は、始めてみてはいかがでしょうか。

 
Copyright (C) 2016 ドリップコーヒーのススメ All Rights Reserved.